工業化学科 体験入学2014

   
 ドラム缶つぶし
       
     ドラム缶に水を入れて熱すると水は水蒸気に。
水蒸気がドラム缶の中いっぱいに広がり、空気を押し出したところで
ふたをして冷やすと、ドラム缶内の圧力が下がり、
外からの大気圧を支えることができなくなり、
固いドラム缶はつぶれてしまいます。
普段は感じませんが、私たちの体にかかっている大気圧を
ドラム缶をつぶす実験を通して体感してもらいます。
 アロマローソク(家庭から出る廃油を使ってアロマろうそくづくり)
       
       
 極低温実験 液体窒素(マイナス200度!)を用いてシャーベット作り
       
       
ものづくり化学分析部門紹介(試料水の高度の測定ほか)