スターリング全国大会

2014年11月8日(土)
日本工業大学
参加クラス(MS速度クラス):市販走路(フラット8.8m周回路)を走行する最初の一周の速度を競う。(加熱減の搭載は自由)

大会目的 スターリングテクノラリーとは自作スターリングサイクル機器の性能とアイデアを競う競技会である。 
本競技会は、青少年の工学に対する興味・関心の喚起とスターリング機器関連技術の発展・向上を目的とするものである。

結果
1位 ものつくり大学 
1.37
2位 沖縄県八重山商工高校 1.47
3位 茨城県立土浦工業高校 1.52
4位 沖縄県立沖縄工業高校 1.56
       
 車検中の様子。車体の軽さや馬力・・・県大会が終わってから時間ない中、こだわった車体です 試合前の様子 
       
       
 優勝を狙っていた「とんみー1号」。改良を重ねて、前日の工業祭でも歓声のあがる走りでした。  どこかの先生から質問も…

県大会の1.69秒を上回ってタイムをのばしてきましたが…トップのチームはあとコンマ数秒先にいました。

上位20台が1秒台で周回していた大混戦の今回の大会でしたが、
沖縄県チームがトップ争いをしていたのが、誇らしかった大会でした。